就労ビザ・配偶者ビザ・永住ビザなど外国人の方のビザ申請をサポート!          東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城

ビザ申請サポートサービス
工藤行政書士事務所
 お問い合わせ・ご相談受付
TEL 03-3870-1995 受付時間
月〜土 9時〜18時


 工藤行政書士事務所

 〒120-0034
  東京都足立区千住3−6 ツォード千住 壱番館1001
  (北千住駅より徒歩7分)

ホーム 事務所の紹介 事務所地図 料金について よくあるご質問 お問い合わせ・ご相談

ビ ザ 申 請 サ ー ビ ス

ご相談からビザ取得までの流れ ご相談からビザ取得までの流れ

よくあるご質問 よくあるご質問

料金とお支払い方法について 料金とお支払い方法について


お問い合わせ お問い合わせ・面談相談
  メール相談

ビザ申請の専門家の選び方

専門家を選ぶ基準とは? 専門家を選ぶ基準とは?

フラワーブロスにご依頼いただくメリット 工藤事務所にご依頼頂くメリット
取扱いサービスご案内

就労ビザ
就労ビザとは?
就労ビザとは?
技術ビザ 技術ビザ
人文知識・国際業務ビザ 人文知識・国際業務ビザ
技能ビザ 技能ビザ
投資経営ビザ 投資経営ビザ
企業内転勤ビザ 企業内転勤ビザ


身分関係のビザ
配偶者ビザ
配偶者ビザ
家族滞在ビザ 家族滞在ビザ
定住ビザ 定住ビザ
永住ビザ 永住ビザ


観光・知人訪問
短期滞在
短期ビザ

日本国籍の取得
帰化許可申請
帰化許可申請

オーバーステイ・不法入国
在留特別許可
在留特別許可


ビザ申請の手続き案内
在留資格認定証明書 在留資格認定証明書

在留期間更新 在留期間の更新

在留資格の変更 在留資格の変更

再入国許可申請 再入国許可申請

就労資格証明書 就労資格証明書

資格外活動許可 資格外活動許可申請
事 務 所 の 紹 介
■ 事務所の紹介

■ 事務所の所在地・地図

■ プライバシーポリシー

■ 免責事項

工藤行政書士事務所
〒120−0034
東京都足立区千住3−6
ツォード千住壱番館10001

電話 03-3870-1995

営業時間 月〜土 9時〜18時

就 労 ビ ザ と は?


○よくある「人文知識・国際業務ビザ」についてのご相談例

1、語学学校の教師に就職が決まったのでビザを取得したい。

2、翻訳、通訳として就職が決まったので、ビザを取得したい

3、貿易関連の事務員として雇用したい。

4、文系の留学生を採用したい。



 「人文知識・国際業務ビザ」 と は?

人文知識・国際業務ビザとは、文化系(法律学、経済学、社会学その他の人文科学など)の分野に属する知識を必要とする業務または外国人特有の思考と感受性を必要とする業務に就職する人のためのビザです。

例えば、法律、経済、社会学などの人文科学の知識を必要とする貿易事務、翻訳や通訳、金融分析、外国の文化特有の思考や感受性を使う業務、例えば、語学学校の教師、デザイナー、建築家などが該当します。  

一般的に4年制大学で文科系の学部・学科を卒業した方が日本で就職する場合には、この人文知識・国際業務ビザを申請し取得することになります。


 「人文知識・国際ビザ」を取得するための基準

【人文知識業務の場合】


1、学歴または実務経験があること
    次の
@〜Bのどれかに該当していなければなりません。

  @従事しようとする業務について、これに必要な技術もしくは知識に関係する科目を専攻して大学を
   卒業していること。

  A専修学校等を卒業しており、大学と同等の教育と受けていること。

  B大学、専修学校等は卒業していないが、10年以上の実務経験があり、当該技術もしくは知識を
   習得していること。

2、就職時の給料についての条件
  
日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること


【申請のポイント】

・学歴上の専攻科目と、従事しようとする業務との一貫性や整合性が重要です。また、語学力も含めた業務遂行能力、さらに、大学・専修学校での成績や出席率も関係があります。



【国際業務(外国人特有の思考と感受性を必要とする業務)の場合



 1、職種と実務経験(学歴)についての条件 
 次の
@・Aの両方に該当していなければなりません。

  @翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝または海外取引業務、服飾もしくは室内装飾に関するデザ
   イン、商品開発その他これらに類似する業務に従事すること。

  A従事しようとする業務に関連する業務について3年以上の実務経験を有すること。
   ただし、大学を卒業した者が翻訳、通訳、語学の指導に係る業務に従事する場合は、実務経験は
   不要です。

2、就職時の給料についての条件
    
日本人が従事する場合に受ける報酬と同等以上の報酬を受けること。

【申請のポイント】
・最近では通訳・翻訳としての採用する場合に「人文知識・国際業務」の取得が難しくなっております。本人の業務遂行能力と、通訳・翻訳のできる人材が必要な理由を説明するために、詳細な資料を提出する必要があります。



工藤行政書士事務所の「人文知識・国際業務ビザ」申請サービス報酬表
 
 ・海外から招へい       

   140,000円(税込み)

 ・「留学生ビザ」等から「人文知識・国際業務ビザ」への変更


   140,000円(税込み)

 ・人文知識・国際業務ビザの更新手続き          
 (前回の申請と同一企業の場合)


   70,000円(税込み)

 ・人文知識・国際業務ビザの更新手続き          
 (転職がある場合)


  140,000円(税込み)

・当事務所では、業務料金総額のうち正式依頼時に半額を着手金としてお支払いいただき、残りの半額については成功報酬としてビザの許可が出たあとでお支払いいただきます。

万が一にも不許可になった場合には、着手金を除いて、報酬料金(半額)をお支払いいただく必要はありません。その後再申請を行い、無事許可が下りましたら、そのときに報酬の請求をさせていただきます。

・着手金につきましては、申請結果にかかわらず、返金はいたしかねますあらかじめご了承ください。

在留資格変更許可申請・更新許可申請の場合は申請手数料(4,000円)がかかります。

複数人まとめてご依頼いただく場合は、費用は割引きさせていただきます。


  お問い合わせ(電話・FAX・Eメール)

     工藤行政書士事務所  

          電 話
 03-3870-1995(受付時間 月〜土 9時〜18時)


          
Eメール こちらのフォームからお問い合わせください。



ホーム事務所の紹介事務所の所在地・地図プライバシーポリシー免責事項お問い合わせ・ご相談

外国人の方のビザ申請、ビザ取得、更新、変更をサポート!
工藤行政書士事務所
東京都足立区千住3−6 ツォード千住 壱番館1001
電話 03-3870-1995 
Copyright(C)2008工藤行政書士事務所 All rights Reserved.