就労ビザ・配偶者ビザ・永住ビザなど外国人の方のビザ申請をサポート!          東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城

ビザ申請サポートサービス
工藤行政書士事務所
 お問い合わせ・ご相談受付
TEL 03-3870-1995 受付時間
月〜土 9時〜18時


 工藤行政書士事務所

 〒120-0034
  東京都足立区千住3−6 ツォード千住 壱番館1001
  (北千住駅より徒歩7分)

ホーム 事務所の紹介 事務所地図 料金について よくあるご質問 お問い合わせ・ご相談

ビ ザ 申 請 サ ー ビ ス

ご相談からビザ取得までの流れ ご相談からビザ取得までの流れ

よくあるご質問 よくあるご質問

料金とお支払い方法について 料金とお支払い方法について


お問い合わせ お問い合わせ・面談相談
  メール相談

ビザ申請の専門家の選び方

専門家を選ぶ基準とは? 専門家を選ぶ基準とは?

フラワーブロスにご依頼いただくメリット 工藤事務所にご依頼頂くメリット
取扱いサービスご案内

就労ビザ
就労ビザとは?
就労ビザとは?
技術ビザ 技術ビザ
人文知識・国際業務ビザ 人文知識・国際業務ビザ
技能ビザ 技能ビザ
投資経営ビザ 投資経営ビザ
企業内転勤ビザ 企業内転勤ビザ


身分関係のビザ
配偶者ビザ
配偶者ビザ
家族滞在ビザ 家族滞在ビザ
定住ビザ 定住ビザ
永住ビザ 永住ビザ


観光・知人訪問
短期滞在
短期ビザ

日本国籍の取得
帰化許可申請
帰化許可申請

オーバーステイ・不法入国
在留特別許可
在留特別許可


ビザ申請の手続き案内
在留資格認定証明書 在留資格認定証明書

在留期間更新 在留期間の更新

在留資格の変更 在留資格の変更

再入国許可申請 再入国許可申請

就労資格証明書 就労資格証明書

資格外活動許可 資格外活動許可申請
事 務 所 の 紹 介
■ 事務所の紹介

■ 事務所の所在地・地図

■ プライバシーポリシー

■ 免責事項

工藤行政書士事務所
〒120−0034
東京都足立区千住3−6
ツォード千住壱番館10001

電話 03-3870-1995

営業時間 月〜土 9時〜18時



就 労 ビ ザ と は?

 帰 化 許 可 申 請 と は ?

帰化許可申請とは、日本国籍を取得するための手続きです。
帰化が許可されると日本国民となり、選挙権その他日本国民としてのすべての権利を享受することができます。

帰化申請の場合、本国からの各種証明書の取り寄せからはじまり、膨大な量の書類を提出しなければなりません。そのため、個人で申請使用とする場合、まず書類集めで苦労されるケースが多いようです。

 また、過去にご自分で申請しようとしたものの、申請の準備に膨大な時間と労力を費やしたが全ての書類を揃えることができず、結局申請をあきらめてしまったという方もたくさんいらっしゃいます。

 時間と労力の節約のためにも、申請の準備に入る前に専門家にご相談されることをお勧めします。 


 帰化(日本国籍取得)のための条件

 帰化の条件は次の通りです。

1、引き続き5年以上、日本に住所があること
この5年というのは、「継続」していなければなりません。
間が途切れてしまった場合などは”継続”になりません。ただし、再入国許可を受けて一時出国された場合は、引き続き日本に住所を有するものとみなされます。


2、20歳以上であること
20歳以上であれば、単独で帰化申請することができますが、未成年の場合は、原則として家族揃って申請しなければなりません。


3、素行が善良であること
素行が悪いと帰化の許可が下りません。素行で評価されるものには次のようなものがあります。
 ・犯罪暦
 ・交通事故・交通違反暦
 ・税金の滞納状況
 ※軽微な駐車違反なども対象になるので注意が必要です。


4、自己または生計をともにする配偶者その他の親族の資産、又は自身の技能等によって生計を
  営むことができること

月収の下限などは設定されていませんが、必要最低限度の生活を営むことができれば十分です。

5、国籍喪失の要件
帰化の時に元の国籍を喪失または離脱することができることが条件です。

6、思想要件
日本国そのものに被害を及ぼす、及ぼしかねない思想などを持っている場合、帰化許可は下りません。

7、日本語の読み書きができること
小学校3年生程度の読み書き・会話の能力が必要です。

 帰化許可申請の手続きの流れ

帰化申請から許可までの流れは、次の通りです。

 1、住所地を管轄する法務局での事前相談
       ↓
 2、帰化申請書類の作成、添付書類の収集
       ↓
 3、本申請(帰化許可申請の受付)
       ↓
 4、法務局での審査
       ↓
 5、面接および追加書類の提出
       ↓
 6、法務省への送付〜審査→法務大臣の決済
       ↓
 7、
帰化許可の通知・「帰化者の身分証明書」の交付
       ↓
 8、帰化許可後の手続き
    ・外国人登録証の返納
    ・住所地の市町村役場で帰化の届出


【帰化までの所要時間
本申請から帰化許可までの所要時間は、特別永住者の方で7〜9ヶ月、それ以外の方で1年程度が多いです。

 特別永住者の方の提出書類の緩和措置について

特別永住者の方は帰化申請書類が大幅に緩和されます。
2003年7月より、東京法務局管轄内の特別永住者の方の帰化申請では、以下の書類の提出が免除されるようになりました。
  ・帰化の動機書
  ・預金通帳のコピーあるいは預金残高証明書
  ・最終学歴の卒業証書のコピーあるいは卒業証明書

そのほか、「在勤及び給与証明書について」は、「社員証のコピー及び給与明細のコピー」で代替してよいなどの措置も取られています。


特別永住者とは、在日外国人の方の中でも、終戦前から日本に居住している朝鮮半島、台湾出身の方でサンフランシスコ平和条約(1952年)の発効によって日本国籍を失った後も引き続き日本に在留している外国人の方とその子孫の方々のことをいいます。
特別永住者の方がお持ちのビザを「特別永住者」ビザ(在留資格)といいます。




工藤行政書士事務所に依頼するメリット



1、申請後のサポートも万全。追加書類の収集、状況の変化に迅速に対応いたします。
申請後も、帰化許可の通知が届くまでお客様をサポートいたします。
例えば、申請後に運転違反をしてしまった場合には、法務局から運転記録証明書の取り直しを要求されます。その際、当事務所に電話でご一報下されば、迅速に取り直し、直接法務局に持参または送付します。

2、明確な料金体系と返金保証。万が一不許可になった場合には、料金の全額を返金いたします。
当サイトに掲載されている料金ですべて対応します。業務の途中で追加料金を請求することはございません。
また、工藤行政書士事務所の帰化申請支援サービスでは、万が一不許可になった場合は、お支払いいただいた料金全額を返金いたします。



工藤行政書士事務所の帰化許可申請サポートサービス報酬表
  帰化許可申請(特別永住者の方)  
        ・世帯主が給与所得者の場合

 
    150,000円(税込み)


  帰化許可申請(特別永住者の方)
        ・世帯主が事業主または会社役員の場合


    200,000円(税込み) 


   帰化許可申請(特別永住者以外の方)  
        ・世帯主が給与所得者の場合


   200,000円(税込み)

   帰化許可申請(特別永住者以外の方)
        ・世帯主が事業主または会社役員の場合         

    250,000円(税込み)

 家族1名追加につき

    35,000円(税込み)

【返金保証システム】

工藤行政書士事務所の帰化申請サポートサービスでは、業務開始時に料金全額をお支払いいただきますが、
万が一申請が不許可になった場合は全額返金いたします。

上記のほか、必要書類発行手数料(実費)を申し受けます。



  お問い合わせ(電話・FAX・Eメール)

     工藤行政書士事務所  

        電 話
 
03-3870-1995(受付時間 月〜土9時〜18時)

        
Eメール こちらのフォームからお問い合わせください。


ホーム事務所の紹介事務所の所在地・地図プライバシーポリシー免責事項お問い合わせ・ご相談

外国人の方のビザ申請、ビザ取得、更新、変更をサポート!
工藤行政書士事務所
東京都足立区千住3−6 ツォード千住 壱番館1001
電話 03-3870-1995 
Copyright(C)2008工藤行政書士事務所 All rights Reserved.